寺社巡りで日々の疲れを癒す

私の趣味は寺社巡りです。その際に御朱印も必ずいただくようにしています。寺社というと年配の方がお参りするというイメージがありますが…。数年前に「御朱印ブーム」と言われるようになり、年代問わず御朱印帳を手にお参りをしている人をよく見かけます。私は家の近くに大きな神社があるので、学生時代からよくお参りに行っていたのですが、御朱印をいただくようになったのは五年前くらいからです。神社とお寺はそもそも別なので、私もそうですが、それぞれの御朱印帳を使い分けている方が多いと思います。

 

テレビで「御朱印はスタンプラリーのようなもの」と言って注意されていた番組があったような…。もちろん、私はスタンプラリーとは思っていませんが(笑)。御朱印は寺社によって全く異なるので、収集家の人たちはそれが面白く感じるのかな?と思います。御朱印をいただく理由は人それぞれだと思いますが、せっかくお参りするのであれば、ゆっくりと寺社の空気に触れてほしいと思います。

 

私は季節を問わず寺社に参拝に行きますが、真夏に行ったときも寺社は涼しく感じます。木々がたくさんあるので神聖な気分にもなりますし、日本の歴史を感じることもできます。現在まで受け継がれてきた精神とも思えます。参拝するとスッキリした気持ちになれるので、私にとっては日常の疲れを吹き飛ばしてくれる癒しの場所でもあります。